web予約はこちら

Q&A

Q&A

患者様から寄せられるご質問をご紹介

宮崎市の歯医者「たんぽぽ歯科」は、医師を始めスタッフが全員女性の、笑顔あふれる歯医者です。患者様の笑顔と健康のために、丁寧な説明でしっかりとご理解していただき、安心して治療を受けていただけるように心がけています。

患者様との日々のコミュニケーションの中でよくいただく質問内容Q&A形式でまとめました。他にもご不明な点やご不安がございましたら、お気軽に当院までお問い合わせください。

一般歯科について

虫歯ってどういう病気?
虫歯は、プラーク(歯垢)という細菌が原因の感染症です。プラークが糖分を分解して排出する酸が歯を溶かしてしまうという病気です。虫歯が自然に治ることはほとんどなく、放置すれば進行するだけですので、早めに歯医者を受診しましょう。
口呼吸はよくないの?
鼻呼吸は、粘膜や鼻毛などによりウイルスや細菌を減らすことができます。口呼吸は、それらを直接吸い込んでしまうため、病気やアレルギーを発症しやすくなります。また、ドライマウスや口元の筋肉がたるんでしまう、顎が突き出てくるなどの原因にもなります。美容と健康のために、普段から意識して鼻呼吸を行いましょう。
ドライマウスってどういう症状?
唾液が減少し口内が乾く症状です。加齢や持病、ストレス、薬の副作用など様々な原因があります。唾液が少なくなると、細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
レントゲン撮影の放射線、体への影響は?
レントゲン撮影時の放射線量は、自然の中で日常浴びる放射線量よりもかなり少なく、体への影響はないと考えられます。妊娠中や小さなお子様でもレントゲン撮影は可能です。当院では、さらに放射線量を従来の10%に抑えた、デジタルレントゲンを導入していますので、ご安心ください。
内科疾患で治療中も歯の治療はできる?
内科疾患の内容によりますので、ご相談ください。ご来院の際には、お薬の情報などをお持ちください。

小児歯科について

フッ素塗布を始めるタイミングは?
生え始めの歯はフッ素を吸収しやすくなっています。歯が生えたら早めにフッ素を塗布することをおすすめします。
シーラントって何?
虫歯になりやすい奥歯の噛み合う面の溝を埋めてしまう予防法です。虫歯を削ったときに使用する詰め物と同じレジンというプラスチック素材を使用します。
乳歯の虫歯は気にした方がいいの?
生え変わるからという理由で、虫歯を気にしなくてよいというのは誤解です。乳歯の虫歯は、歯並びが悪くなったり、永久歯が虫歯になったりする原因となります。正しい歯みがきやフッ素塗布で、しっかり予防しましょう。

審美歯科について

銀歯で金属アレルギーになるの?
詰め物や被せ物など、虫歯治療で使用する金属で、金属アレルギーになることはあります。長い時間をかけて口の中に金属が溶け出し、体内に取り込まれることで体に水ぶくれができるなどのアレルギー反応を起こしてしまうのです。金属アレルギーを起こさないセラミックを使用する治療もあります。
忙しいけど、歯のホワイトニングがしたいのですが?
当院の審美歯科のオフィスブリーチングがおすすめです。特殊な漂白剤を塗り、光を照射することによって、歯の変色を脱色する方法です。1回1時間を3回と、短時間で白くなるため、忙しい方に人気です。

矯正歯科について

子どもの矯正はいつから始めればよいの?
お子様の歯の状態によって、一人ひとり矯正治療が効果的な開始時期は異なります。当院では矯正歯科にも対応していますので、歯並びのことが気になり始めたら、一度ご相談ください。
子どもの指しゃぶりはやめさせるべき?
指しゃぶりは、習慣化すると歯並びが悪くなることがあります。頬杖や爪を噛むなどのクセも歯並びに影響します。他に興味がいくようになると自然になくなることが多いですが、3歳をすぎても頻繁に指しゃぶりをしている場合には、お子さまに説明し、他に興味がいくよう促すなどして、やめさせた方がよいでしょう。
他院で作った入れ歯も調整してくれる?
他院で作ったものでもできるかぎり調整、修理を行っています。口の中の状態は、常に同じではありません。最初は口に合っていた入れ歯が、合わなくなってくることも多々あります。入れ歯とは痛くて、しっかり噛めないものと思って我慢なさっている患者様も多くいらっしゃいます。定期的な調整や修理を行うことで改善されますので、ぜひお気軽にご相談ください。

無痛治療について

痛いのが苦手です。無痛治療ってほんとに痛くないの?
当院では、痛くない治療を心がけています。強力な表面麻酔を塗ってから、世界一細い注射針で電動式麻酔を注射しますので、ほとんど痛みを感じません。また、リラックス効果のある笑気吸入鎮静法を導入しています。

予防歯科について

予防歯科って何をするの?
痛みを感じてから歯医者に行くのではなく、虫歯や歯周病を予防するのが予防歯科です。虫歯、歯周病の検査や口内のチェックを行います。また北欧で生まれたPMTCという歯のクリーニングを行います。定期的に行うことにより、虫歯の再発や歯周病の進行を防ぐことができるのです。
虫歯や歯周病を防ぐには?
虫歯や歯周病の原因は、細菌です。細菌のすみかとなるプラークを口内から排除することが、虫歯や歯周病を予防することになります。毎日の歯みがきで口内を清潔に保ち、定期検診で歯のクリーニングをすることをおすすめします。
口臭が気になるときは?
口臭は虫歯、歯周病が主な原因です。他の病気が隠れている場合もありますが、まずは歯医者へ行き、虫歯、歯周病のチェックや歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

歯周病について

歯周病ってどういう病気?
歯周病とは、歯周病菌という細菌が歯茎に炎症を起こし、歯の周りの組織を溶かしてしまい、最終的には歯が抜けてしまう病気です。しかし、歯周病は、予防や進行を遅らせることが可能です。当院では、光殺菌治療という体に優しい治療を行っています。
虫歯や歯周病は体全体へ影響がある?
虫歯や歯周病の細菌が、毛細血管を伝って全身に運ばれ、体の様々な病気につながる可能性があります。動脈硬化など血管の病気、心臓病、呼吸器疾患、早産、低体重児出産、糖尿病などの原因に。お口の健康が体全体の健康につながっているのです。

その他

クレジットカードは使える?
申し訳ありません。クレジットカードではお支払いいただけません。現金でお支払いをお願いします。
駐車場はある?
6台分完備しています。院内は、バリアフリーです。

――歯科治療における安心感を患者様に――「当院のこだわり」についてはこちら

「たんぽぽ歯科」へのお問い合わせはこちら

一般歯科治療

  • 歯が痛い方 一般歯科
  • お子様の歯の治療 小児歯科
  • 歯の見た目が気になる方 審美歯科
  • 歯並びが気になる方 矯正歯科
  • 物が咬めない方 入れ歯(義歯)
  • 無痛治療
  • 予防歯科
  • 歯周病

医院について

  • 治療の流れ・費用についてはコチラから
  • たんぽぽ歯科の強み
  • 設備紹介

お知らせ

Copyright (C) 2015 Tanpopo Dental Clinic. All Rights Reserved.